TRUTTA店長日記

群馬県太田市のフライフィッシングSHOP TRUTTAです。 カスタムロッドの製作、ロッド&リ-ルのリペアはおまかせ下さい。

2017年04月

GWに入りましたので、フィ-ルドも賑わっているようです。
日曜日の渡良瀬川に釣行されたSさんから状況をお聞きしました。
29日にサクラ系のヤマメが放流されたので、フライに対する反応は上々との事です。ベストシ-ズンですので渡良瀬川の支流も楽しめると思いますが、やはりライズの多い本流は楽しいですね!
団地、相川、広場・・・どこに入るか?迷ってしまいます。
イメージ 1


T-grass663-6ピ-ス/TG663のブランクは現在製作中です。
現在、予約をお受けいたしております、夏の山岳渓流の時期にはお使い頂けます。
アクションはミディアムパラボリックアクションです。
基本仕様はオ-ルコルクのパンプキンンタイプになります。
カスタム仕様は随時お受けいたしております。予価税込み43200円

T-grassカスタム仕様製作進行中です。
ブランクのカラ-リングからグリップ成形~ラッピングとなります。
お客様からオ-ダ-の際に、ベストなグリップの太さや形状についてご相談をお受けましすが・・・
7F台のハ-フウェルズやフルウェルズの、私のベストは最太部が21㎜最細部が20㎜位となります。グリップの中のブランクを握り込める感じが一番シックリきます。
グリップの太さや形状はサンプルがございますのでお気軽にご相談下さい。
イメージ 1



渡良瀬川桐生地区でライズをしている、パ-マ-クのはっきりしたヤマメは、スレてくると銀化のサクラ系の魚より手強くなります。細糸に極小フライの出番が多くなりますので、私の場合は、スレッダーが手放せません。
魚ににフライを見切られてフライを交換する回数も増えます・・・一度お使いになると便利さを実感していただけます。画像の製品はC&F製ですが、極細ワイヤーで自作する方もいるそうです。

イメージ 1

イメージ 2


朝一から渡良瀬の団地裏に入りました。
2016年よりも1ヶ月遅れの渡良瀬川での初ヤマメとなりました。
釣り日和で天候にも恵まれました・・・ハッチ(小型のメイフライ、ミッジ、ガガetc)、とライズも良い感じでした。
イメージ 1

渡良瀬ネイチャリンングアクトさんのボランティア放流のおかげです、ありがとうございました。
今日のアベレ-ジサイズです、これからスレて手に負えなくなると思います。

イメージ 2

テレンツィオラインの浮力は申し分ありませんんでした。
まだまだ使い込みが足りません・・・













↑このページのトップヘ